2014年02月14日

2014年2月2週目レッスンリポート

今週も寒かったですねー(><)
幼稚園児さんのクラス(Star1&2)ではHow's the weather?の歌を歌ってスタートさせました。あまり馴染みないSnowyも、さすがに覚えてくれたと思いますicon04

今週読んだ絵本も、今の時期にピッタリな物です。
Mouse's first snow
2014年2月2週目レッスンリポート

子ネズミとパパのお話。文章も長くなく、絵も可愛くてお勧めです。

さて、各クラス、3学期になり簡単なやり取りが英語で出来る様になってきましたface01
特にStar2の2年目さんやStar3クラスは手応えを感じますビックリ
‘Are you cold?' `Yes!'
`How's the weather today?' `Sunny'
`Do you like XX?' `....So-so..'
`Finished??' `Not yet!!'
その他にも、Let's count! How many? What color is this?などの
質問に、間があく事なく答えてくれています。
この‘間があくことなく’というのがポイントで、
英語で聞く→日本語に変換→答えを英語に変換→答える
という作業を瞬間的に行なっている=「英語スイッチ」が自然とオンになっているわけで、
これは会話をする上でとても重要です。
「英語スイッチ」は私が勝手に作った言葉なんですがface01
私自身も例えば外国人講師との会話などは脳の何処かにある‘スイッチ’をオンにしている気がします。
そしてこのスイッチは、長く英語を勉強している内に少しづつ出来上がった様に思うので、
生徒のみんなにその片鱗が見えてきたのはとても嬉しいですface01

Star2クラス2年目は、名の通りレッスンも2年目、もうすぐ小学生になるお子さんが多く在籍していてるので、今週初めて‘複数形’を導入してみました。
・・・複数形の定義って正直、教えるのが難しいですicon10日本語にはないルールですよね。
1以上ある物にはSを付ける、と言っても、実は付けない物も結構あります。
例えば魚(Fish)紙(Paper)羊(Sheep)パン(bread)... 何故付かないの??の説明って難しい!!
これは、その物に対する民族の「感覚」も関係していると思います。
「羊は常に群れてるから数えられない物」なんて理屈、日本人にはピンとこないですよね?!でも本当らしいです。。。(じゃあ牛やヤギは??って思ってしまうのですが・・・)
今の段階では、複数あればSを付けて言うんだなぁと感じてもらえたらなと思います。





Posted by トゥインクルイングリッシュ at 22:01 │レッスン内容