2013年12月13日

12月第2週目レッスンリポート

街中も、ツリーやサンタのディスプレイ一色になってきましたクリスマスツリー
今週もクリスマスレッスンに向けての内容でレッスンを行なった火曜日&水曜日。
今年は、小学生の生徒さんに、サンタさんと「早口言葉」で対決パンチ
してもらおうと思っていて、今週その練習をしてみました。

早口言葉は英語で‘Tongue twister’直訳すると‘舌がねじれるもの’って感じかな?
そのままですねface02
今回のお題は、「Red pajama Bule pajama Yellow pajama」
これを続けて3回、サンタさんとどちらが早く言えるかを一人づつ競走しますビックリ
因みにこの早口言葉は日本語の「赤パジャマ〜」を単純に英訳したものです。
英語で色を使った簡単なものとしては、Red leather, yellow leather.(赤い革、黄色い革)が有名かな。RとLの練習にピッタリですが、初めて早口言葉に挑戦するには馴染みにくいので、今回はコレで挑みますface01
みんな、少し練習しただけで結構早く言える様になっていたので、本番が今から楽しみです!!

木曜はひと足お先にクリスマスレッスンを行いました。
サンタ役には、Kimさんが初登場サンタクロース
終了後、とても楽しくてあっという間だったと言ってくれましたよキラキラ
火曜と水曜がまだ先なので、レッスンの詳細は後日書きます!
12月第2週目レッスンリポート


今年のクリスマスレッスンでは、ただネイティブの方が来て楽しむだけでなく、せっかくなので一人づつ話すチャンスを設けたくて、事前に書いたお手紙を使った自己紹介に時間を取りました。
Star1クラスのお子さん達も、名前を呼ばれたらちゃんとサンタさんの前に行って、目を合せながら名前と欲しいプレゼントが言えて、とても立派だったと思いますicon12

ネイティブの先生を呼ぶのには、勿論英語の発音面で‘本物’を聞く機会を持ちたいこともありますが、それ以上に世の中には多くの人種が存在し、目や髪の色が違ったり、日本とは異なる文化や習慣があることを知って欲しいという願いからです。
英語が話せても、お互いを知ろうとする心・違いを認め合う心がなければコミュニケーションはうまく出来ません。
そんなことも少しづつ感じてもらえたら・・と思っています。








Posted by トゥインクルイングリッシュ at 14:39 │レッスン内容