豊中・箕面の英語教室トゥインクルイングリッシュ › レッスン内容 › 11月第2週目 レッスンリポート

2012年11月08日

11月第2週目 レッスンリポート

face0111月は幼稚園以上の全クラスで‘Greetings’を勉強中ですビックリ
といっても、既にみんなGood-byeやHelloはカンペキに言えるので
Good-morning・I'm soory・OO,please! etcを追加し練習しています。

これらの表現が学べる絵本 Excuse me
11月第2週目 レッスンリポート


著者のKaren Katzの作品はPOPな絵柄と分かりやすい文章、
フラップ形式(めくると新しい絵が見える)が特徴で、対象年齢としては2・3歳児さんくらい。なので幼稚園児さん以上に読み聞かせる時は、You broke your sister's toy. What do you say? の後に続く言葉(この場合は‘I'm sorry')を考えてもらったり、文章を一緒に音読したりしていますface01
今日のクラスでも‘Good-night' `OO. please!'の所は私が読む前にみんなが教えてくれましたキラキラ

因みに、絵本の題名である‘Excuse me’は日常会話でよく使われる表現の一つです。
実はイントネーションを少し変えるだけで色んな意味になるんですよビックリ
例えば、

●人ごみを急いで歩きたい時。誰かにぶつかりそうになったら
‘Excuse me!' と言うのが一般的。本当にぶつかってしまったら‘Sorry’です!

●失礼なことを言われて言い返す時。
強く荒らげて言うと‘何ですって?!’のニュアンスに。

●見知らぬ人に声を掛ける時。例えば道を訪ねたい時など。普通のトーンで‘Excuse me'
ちょっとすみません、という感じ。

●`Excuse us'と複数形で言えば、
 周りの人に‘私たち2人きりにしてもらえませんか’と全然違う意味に。


Sorryも同じで、語尾に?を付ける感じで上げて言うと‘今何て言いましたか?’と聞き返す表現になり、私もよく使います。中学英語で学んだ‘Pardon?’は言ったことも言われたこともナイ、ですface10
又、おくやみの言葉として‘I'm sorry (for your lost)’と言うのも定番です。

みんなにも上手に使い分けてもらいたいなビックリ






Posted by トゥインクルイングリッシュ at 22:09 │レッスン内容