2012年09月28日

9.26&27 レッスンリポート

今週は9月最後のレッスンということで、幼稚園以上のクラスではアルファベットを使って‘にょろにょろヘビさん’を作りましたビックリ
(作れなかったクラスは次回します!お楽しみに)

      9.26&27 レッスンリポート
みんな、アルファベットsongは完璧なんだけど、改めて一つ一つの文字を見てみると
結構似てるし、引っくり返したら違う文字になったりするし・・・混乱((。_。).。o?
みんなが好きな文字というのがあって、AやOやMなんかはそうみたい。逆に、EやRは人気がない様ですicon11でも覚えなくちゃね!

一生懸命、文字の山から見つけて並べて・・・は、大変な作業でしたが
可愛いヘビちゃんが沢山できましたビックリ

ある小学生の生徒さん、「小文字バージョンもあるけどやってみる?」と聞くと
「うん!!」と言ってくれたので‘まだ全部練習していないし、大丈夫かな?’と
内心思いつつも渡してみると、テキストにある表を見ながら集中して作ってくれました。
難しかったと思いますが挑戦する気持ち、スゴイねface01
ご自宅に是非飾って頂きアルファベットを覚えるのに役立てて欲しいです。

9月から
`What's this?`
`What's color is this?'
`What shape is this?'
`Do you like 〜?’
`How many?'
この5つの質問を必ずレッスン中に尋ねるようにしています。
1学期に覚えた数や色、形を実際の会話で応えていく練習です。
最近は答えを間違えないお子さんも増えてきて、随分理解しているな、
と手応えを感じていますface02
教室に入って来る際、大きな声で‘Hello!’と挨拶してくれたり、終了後、毎回High fiveをするのですがもっと高く!の意味で‘Higher!’を言える様になってきたり、ゲーム中、順番の`My turn. Your turn.'を理解していたり、お子さんの中にも‘教室で英語を学んでいるんだ’という意識が芽生えてきたのではないでしょうか。

言葉の学習は、とにかく時間がかかります。
そしてInputとOutputのバランスを良く言いますが、英語学習を始めたばかりはやはりInputが中心になります。
歌や絵本、ゲームや先生との会話の中で、繰り返し聞く言葉を少しづつ覚えていき、理解し、初めて言える様になる。理解できたり言えると楽しくなってまた覚える、その繰り返しです。
最近Inputの成果が少しづつ出てきて、Outputにつながり始めた感じです。

小学生で使用している‘アルファベット紙芝居’もその良い例で、8枚程のストーリーをネイティブの音声でオールイングリッシュで聞いている為、4月・5月頃の生徒さんたちの反応は‘何言ってるかわからん、つまらない’でしたicon10
しかし最近は‘やったー!新しいお話や!!’と喜んでくれたり‘今、See you!って言ってた?’聞き取ろうという姿が見られます。
もの凄い変化ですicon12
実は、最初の頃の反応があまりに悪くて(途中で集中力が途切れたり、紙芝居を取り出すと「えー!」って感じだったので・・・face10)レッスンでの使用をやめた方がいいのかな?!と考えたこともあったのですが、継続は力なり。
ちょっと難しくても、あえてチャレンジする事って必要だなと感じました。
9.26&27 レッスンリポート




さて、来週はもう10月。
街の中でもハロウィンのディスプレイを見る様になってきましたねおばけ
体調崩しやすい季節ですが元気にレッスンに来てくださいね♪





Posted by トゥインクルイングリッシュ at 15:49 │レッスン内容