2012年04月23日

テキスト選び・絵本選び

最近は洋書もネットでポチっとすればすぐに手元に届けてくれる上、
値段も現地で買うのとさほど変わらず、本当に便利な世の中になりました。

しかし、たくさんの本の中から生徒さんに適した内容の本を選ぶのは一苦労。
色んな方のレビューを読んだり、本のサイトを見て内容をさぐってみたりしてもイマイチわからず・・・結局は取り寄せてしまいます=3

すると、思っていたより薄かったり(これじゃすぐに終わってしまう!)
ペラペラだったり(すぐにやぶれちゃいそう!)
金額の割に内容がなかったり(フリーサイトからのプリントアウトで間に合いそう)
英語が古かったり(聞いたことないぞ、この単語!)
絵が妙にリアルだったり(ちょっと怖い・・・)
なんだかんだで10冊以上、取り寄せてしまいましたface07

テキスト選び・絵本選び
結局、年中&年長さんクラス用に選んだのは、Brain questシリーズ
シールあり、ABCポスターあり、ページ数も多いしカラフルで可愛いイラストもGOOD!色んなカテゴリーを幅広く扱っているので1冊で様々なテーマに対応できる内容です。

小学生クラスにはLongmanのPicture dictionaryを選択。Longmanは英語教材や絵本などを扱う老舗の出版社で大人が使用する辞書なども多く扱っています。Picture dictionaryとはいわゆる絵図鑑。CDも付いているし、カラフルで見ごたえある1冊です。そしてもう一冊、フォニックスを学ぶ為に用意したのがWe're Ready for Pre-K!: Sounds and Letters この本は上記2冊よりポピュラーではないのですが、巻末にアルファベットカードが付いているしフォニックスの導入には程よいレベルの英語で使いやすい。
テキスト選び・絵本選び



どの本も世界中の子供たちから愛されています。
本の中からも外国の世界観の様なものを感じてもらえたらなぁと思いますビックリ




Posted by トゥインクルイングリッシュ at 23:43 │講師のつぶやき