2020年02月07日

新年度のテキスト

新年度のテキスト



教室では1年のまとめと新年度へ向けての準備で
慌ただしくしています。

この時期になりますと、各出版社から新刊テキストの案内が届きます。

どのテキストも、英語を学ぶ為の工夫がいっぱい。
毎回コレも良さそう、アレも使いたい、と色々見比べるのが楽しみです。

テキスト選定への拘りは、

●お子さん達がパっと手にした時、興味を持ちやすいもの
●シンプル過ぎないもの
●なるべくCD付のもの
そして、何より
●日本語が書いていないもの。この点は重要視しています。

日本語で指示や意味が書いてあると、
どうしてもそちらに頼ってしまいます。

映画を字幕アリで見る時などもそうですが、
聞いているつもりでも、やはり日本語を「見て」理解してしまっている。
短い文章なら尚更、日本語がなくても聞いたまま、見たまま英語を理解出来る様にしたいと思っています。

また、英語と日本語は語順が違うので
日本語に置き換えてしまうクセを付けたくない、という狙いもあります。

小さなお子さんをお持ちの方にとっては、
まだまだ先の話だと思うかも知れないですが、
大阪府の公立高校の入試問題。
めちゃくちゃ長文が出ますicon10
難関校向けのC問題ならともかく、殆どの学校が採用するB問題ですら
本当に長文が長い!!!

一旦日本語にしなくては理解が出来ないのでは
時間がかかってしまい、他の問題が解けない可能性が高いです。
因みに、C問題は問題の指示もPlease choose the correct answer.の様に英語です。

中学生になって急に長文を読むのは
苦手意識が凄いだろうし。
そうなると、やはり小学生の内から
英語は聞いて(読んで)そのまま理解する!!!

を徹底させたい思っています。
それが負担にならないレッスンをして参ります。

新しいテキストを使用してレッスンをするのが
今からとても楽しみですface01




Posted by トゥインクルイングリッシュ at 10:30 │レッスン内容幼稚園児クラス小学生クラス