2016年04月20日

中学1年生の教科書

H28年度版が一般販売になりましたので、早速入手しました。
小5クラスで使用します。





私が中学生だった頃・・・ウン十年前ですが(~_~;)
その時の内容に比べると、もの凄く難しい!!
文字が小さい!リスニングやスピーキングの箇所も多いです。

反面、日本語の説明が多い。
カタカナで発音を記載している箇所があり、あまり好ましくないな。
フォニックスの内容が全くない。2年以上で学ぶのか??
など、色々、思う事もあり興味深く見ました。

教科書は何年かおきに改訂されるので、
低学年のお子さんはまた、違ったものを使用する訳ですが
ターゲットとなる単語、フレーズ等は大抵決まっています。

アメリカ人の私の英語の恩師にこの教科書の内容を少し見せたところ、
「もっと自然な言い方がある」「どの答えも口語なら実は正解」
と指摘を受けてしまい・・
やはりネィティブの使う‘生きた英語’とはまた違うのでしょう。
ただ、高校受験などにも絡んでくるので無視する訳にはいきません。

この教科書を利用しながら英語の基本と文法の理解を進めると共に
自然な英語力も身に付けてもらえる工夫が必要だなと思っています。

  


Posted by トゥインクルイングリッシュ at 08:55小学生クラス

2016年02月19日

Macmillan English

来年度、小学3年生〜5年生までに使用予定のテキストを
今までの物からMacmillan Englishへ変更致します。

今までのSmart English/Hip Hip Hooray! も
カラフルで見やすかったのですが
ワークの量が少ないと感じていました。
学年が上がるにつれ、生徒さん達は問題を解くこと、
正解出来ることが面白く、次への意欲へつながっていると
レッスンを通して感じており、
こちらのテキストなら読む、書く、聞く、言うの四技能をバランス良く学ぶ為の十分な量のワークが含まれている為、選択しました。





最近の小学生クラスでは、時々みんなの前に出て
回答をホワイトボードに書いてみる事にもチャレンジしています。
子どもたちはホワイトボードや黒板に何か書く事が好きですよねface01
皆、積極的に手を挙げてやりたい!と言ってくれます。
でも、いざ書くとなると、ちょっと緊張するみたいですface02
そして細かな点まで慎重になるからか、
間違いに自ら気づいてくれる事があります。
幼稚園児さんとは大きく違う点だなと思います。

3月の年度末までもう残りわずかですが、
それぞれのターゲットを終了させて、新年度からまた
新しいテキストを使いレッスンをする事が今から楽しみです!
  


Posted by トゥインクルイングリッシュ at 11:55小学生クラス

2012年10月09日

wordsearch





小学生クラスは今、小文字を練習中です。
今はまず、形を認識してもらいたく点線をなぞる程度ですが
徐々に‘書くこと’へ興味が湧いてきた様子。
自分の名前を書きたいから教えてビックリなんて言われるととっても嬉しいですicon12

小文字の方がはるかに使用度は多いんですよね。
ちょっと書きづらいんだけど・・・頑張って欲しいですicon09

合わせて、少しづつ‘読み’にも触れています。
今まで聞いたり言ってみたりしていた単語を文字として捉える。
ホワイトボードに書いてみると「へー、そうやって書くんや〜」っていう
反応が返ってきますface01
で、最近するのが`wordsearch'
羅列されている文字の中から、単語を探すゲーム。日本語でもありますよねicon14
既に完成されたwordsearchだと、子供向けでもちょっと難しかったり、
文字数が多すぎてレッスンには不向きなので、自分で作ってますチョキ

と言っても、便利なサイトが色々ありまして・・・

http://www.superkids.com/aweb/tools/words/search/
ここのサイトでは、自分の入れたい単語をサイト中央にあるBOXの中に書き込んで
その下で縦&横の文字数を指定。小学校低学年なら、6x6や8x8くらいがいいかな?
その後‘Easy version’を選択します。(選択しないと、右から左に読まないとわからない単語が含まれます)
最後にCreate pageを押すと、新しいページに書き込んだ単語全てが含まれたオリジナルのwordsearchが完成キラキラ

お子さんの名前を入れて作って探してみる・・・なんてのも良いですねビックリ
  


Posted by トゥインクルイングリッシュ at 23:36小学生クラス

2012年04月26日

アルファベット紙芝居





小学生クラス用に、アルファベットの出てくる紙芝居を準備しましたface01
Aランドに迷い込んだ主人公、そこで出会うのは???
AーZまで全26文字分ありますicon12
しかもネイティブの音声CDもあります。少しゆっくりめなので、充分聞き取れると思います。

この教材は旺文社が小学校の英語学習で使用を推奨している物の一つです。
一話一話は短い内容ですが、英語で足し算するシーンやお買い物に行くシーン、警察官とお話するシーンなど
子供たちが楽しめるものになっていますビックリ

話が終わった後は、
どんなことを話していたかな?
どこへ行ったかな?
など、みんなで話合うのも良いですねface02  


Posted by トゥインクルイングリッシュ at 10:49小学生クラス